株式会社 タケマン

たけのこ 直送【株式会社 タケマン】

株式会社 タケマン

タケマン竹林を追いかけ掘ったたけのこをそのまま真っすぐ工場へ。
タケマンのおいしさには工夫があります。

創業より“無添加”にこだわり、真に安心できるものをお届けします。
店長日記はこちら >>

鹿児島小さな春の使者

 

携帯ページ

HOME»  ご案内»  おいしい!たけのこクッキング

おいしい!たけのこクッキング

◆更においしく!“たけのこご飯の素”アレンジ~

たけのこご飯アレンジ

材料 たけのこご飯の素、お米3合、油揚げ1枚、鶏のささみ又は胸肉約100g、(人参、絹さや、彩り用ですので少々)

作り方
1、米3合をとぎ、白いご飯を炊く時と同じ水加減に。
2、油揚げを湯引きし千切りにする。鶏肉も食べやすい大きさに切る。
3、たけのこを食べやすい大きさ(見栄えの良いカット)にする。
4、2、3、を1に加え、調味液も加え軽くまぜ炊きます。(添付の竹炭も忘れずに。)
5、お碗に見栄え良く盛り付け、下ゆでした彩り用の絹さやや人参をトッピングして出来上がり。

◆春待ちたけのこの五目ご飯

春待ち小粒ちゃんの五目ご飯

材料 約4人前
春待ちたけのこ小粒ちゃん100g前後、椎茸、人参、ごぼうは適量、油揚げ1枚、彩りに錦糸卵やグリンピースなど。米3合、だし汁、砂糖、しょう油、塩、味醂、酒。

作り方
1、米3合を炊く30分くらい前に研いでザルで水を切っておく。通常より水を少なく炊いて下さい。具材が出来上がる位に炊きあがるよう調整して下さい。
2、油揚げは湯引きし、縦半分に切り千切にします。
3、ゴボーは笹がき、人参は1cm位の色紙切、椎茸は石附をとり千切に、たけのこは縦に2mm位のスライスにします。鍋に具材とだし汁を入れ、砂糖、酒、しょう油、塩、味醂を加え火にかけます。
4、沸騰したら弱火にし10分弱位煮て下さい。
5、炊きあがったご飯に3を加え混ぜます。
6、仕上げに錦糸卵やグリンピースなど彩って下さい。
7、5に、甘酢を加えればちらし寿司になりますよ。 

たけのこの素材が良いので薄味でもとても美味しいです。ひな祭りに是非お試しを。


◆春待ちたけのこのカルパチョ

春待ちたけのこのカルパチョ

材料 約2人前
新物さしみたけのこ 1個、菜の花(4つくらい)、生ハム1枚、バージンオリーブオイル、しょう油、レモン果汁、荒引き胡椒、わさび又は、ゆず胡椒

作り方
1、新物さしみたけのこを開封し軽く水で洗います。半割して薄くスライスします。カルパチョなので3~4mmくらいが良いでしょう。皿に盛りつけます。菜の花は軽く茹で、水を良く切り盛り付けます。
2、生ハムを食べやすい大きさに切り盛りつけます。
3、オリーブオイル(大匙1)しょう油(大匙1)レモン果汁(お好み)荒引き胡椒(適量お好み)最後にわさびかゆず胡椒をお好みで、どちらでも合います。を良くかき混ぜ、盛り付けた皿にかけて、出来上がり。

タレの割合はご自分のお好みの配合を見つけて下さい。とても簡単でおいしいですよ。



◆春待ちたけのこ“小粒ちゃん”の天ぷら

小粒ちゃんの天ぷら

材料 約2人前
たけのこ小粒ちゃん適量(お好みで)、菜の花(4つくらい)、他は、にんじん等、お好みの具材で。天ぷら粉。

作り方
1、たけのこを開封し、軽く水で洗います。お好みの大きさでそのままか半割にします。菜の花を食べやすい大きさに下ごしらえます。
2、菜の花などの水を含みやすい具材をキッチンペーパー等で水分を少しとります。
3、天ぷら粉を水溶きして衣をつけ、お好みの揚げ加減で揚げて下さい。

天つゆでも美味しいですが、素材が良いので、お好みの“お塩”で頂くと最高においしいですよ。

◆たけのこご飯の素~アレンジ~・・・

たけのこご飯

材料 約4人前 
油揚げ(1枚)、かしわ(鶏肉)(1本)
※お好みの分量でお試し下さい。
たけのこご飯の素 3合炊き用(1パック)

作り方
お好みに応じて油揚げを1枚、かしわ(鶏肉)1本を食べやすい大きさに切り、一緒に入れると美味しく召し上がれますが、たけのこ本来の味を味わって頂くため、できましたら“たけのこ”のみでお召し上がり下さい。
(作り方はここから)
1.通常のご飯を炊くときと同じように、米をとぎ、水を入れてください。
2.たけのこ、タレ、油揚げ、かしわ(鶏肉)を入れ、混ぜ合わせてください。
3.竹炭(たけのこご飯の素に付いているもの)は軽く水洗い(洗剤は使用しないで下さい)してご使用下さい。

►たけのこご飯の素 の商品ページはこちら>>

◆干たけのこのキンピラ

干たけのこのキンピラ

材料 約4人前 
干したけのこ(50g) 砂糖、塩、醤油、みりん、ごま油、鷹の爪

作り方
1.干したけのこを一晩じっくり水で戻します。その後なべにかけて湯がきます。沸騰したら中火で20分くらい。そのまま漬けおき、さめたらその水でもみ洗いします。
2.水気をとり、5センチ程にカットし、それを千切りにします。
3.フライパンや中華鍋にサラダ油を適量いれ輪切りにした鷹の爪をいれ炒め、取り出します。千切りしたたけのこを入れまんべんなく火が通ったら砂糖、醤油(うすくち)、みりん、酒等でお好みの味にして下さい。お好みでごま油をたらすと良いでしょう。
4.お皿に盛り最後にねじりごまをして出来上がりです!

►干したけのこ の商品ページはこちら>>>



◆筍とワカメの煮物
筍とワカメの煮物

材料 約4人前 
筍(800mg)、鶏モモ肉(1枚200g)、葱の葉(1本)、生姜(1かけ)、ゴマ湯(大さじ3杯)、酒(大さじ3杯)、醤油(大さじ3~4杯)、砂糖(大さじ1杯)

作り方
1.筍は2センチ厚さの斜め切り、鶏肉は3センチ角に切る。
2.中華鍋をよく熱してゴマ油を大さじ1杯入れ、葱の葉1本と生姜をたたきつぶして入れ香りを油に移してから、鶏肉を入れてよく炒め、ざるに返して油を切る。
3.鍋は洗って水気をふき取り、ゴマ油大さじ2杯を入れ筍をよく炒める。
4.筍と油がよくなじんだら、2の鶏肉2.5カップ、調味料を加えてふたをし、弱火で気長に煮込む。煮汁が1/3くらいになった時、味をみてよければそのまま汁がなくなるまで煮詰め、あれば色どりにインゲンの茹でたのを加える。



◆筍と鶏肉の煮込み
筍と鶏肉の煮込み

材料 約4人前 
茹筍(600mg)、ワカメ(120g)、出汁(2カップ)、だし(2カップ)、酒(大さじ4杯)、砂糖(大さじ1杯)、醤油(2~3杯)、塩(少々)、木の芽

作り方
1.筍は先のやわらかいところは6センチ長さに切り放射線状に4つ切り、その下は1.5~2センチ厚さに切る。
2.ワカメは塩を入れた熱湯でさっと茹でる。塩ワカメは、うすい塩水につけて塩出しをして3センチ長さに切る。
3.鍋に1の筍を入れ、だし、酒、砂糖を加えて中火でゆっくり煮込み10分ほどして醤油を入れる。ワカメも加えて筍が柔らかくなるまで煮込み、器に盛り付けてから木の芽を散らす。
※ワカメは筍のえぐみをとり、やわらかくする成分を持っているので、一緒に煮込むとよい。

 
おいしい!たけのこクッキング おいしい!たけのこクッキング
筍の酢味噌がけ。麦味噌の酢味噌で筍をいただく。筍そのものをしっかり味わえる。 筍の煮しめ。干した鯵をたっぷり入れて、山で採ってきたわらび、つわぶきなどとゆっくり煮る。やや甘めの優しい味。
おいしい!たけのこクッキング おいしい!たけのこクッキング
混ぜご飯。近くの湾で獲れた海老を干したものを出汁に、筍、人参、椎茸、ごぼう、ちくわ、調味料を入れて煮、ご飯に混ぜる。 筍とあおさの吸い物。この地は山と海に面し、海の幸も豊富。土地の産物を取り合わせた、清々しい香りと味わい。